Progress in Earth and Planetary Science

ニュース

2017/11/02

PEPSが、Elsevier社による抄録・引用文献データベースScopusに採録されることになりました。創刊以来PEPSを支えてくださった多くの皆様方に感謝申し上げます。

2017/10/05

現在募集中のSPEPSへのご投稿期限を延長しました。
Evolution and variability of Asian Monsoon and its linkage with Cenozoic global cooling: 2017/10/31
ご投稿をお待ちしています。
詳細 >>

2017/10/03

現在募集中のSPEPSへのご投稿期限を延長しました。
Ionospheric plasma bubble seeding and development: 2017/10/31
ご投稿をお待ちしています。
詳細 >>

2017/09/26

論文カテゴリ「Data paper」の名称を「Paper with full data attached」に変更しました。
詳細 >>

2017/09/01

現在募集中のSPEPSへのご投稿期限を延長しました。
Ionospheric plasma bubble seeding and development: 2017/09/30
ご投稿をお待ちしています。
詳細 >>

2017/06/30

現在募集中のSPEPSへのご投稿期限を延長しました。
Evolution and variability of Asian Monsoon and its linkage with Cenozoic global cooling: 2017/09/30
Ionospheric plasma bubble seeding and development: 2017/08/31
これらのテーマに関する論文のご投稿をお待ちしています。
詳細 >>

2017/06/27

SPEPSの新規募集を開始します。
募集テーマ: Subduction-zone megathrust earthquakes: New perspectives from insitu data & laboratory analyses
このテーマに関する論文のご投稿をお待ちしています。
詳細 >>

2017/06/05

PEPSへの招待論文推薦として、JpGU-AGU Joint Meeting 2017 セッションのコンビーナの皆さまから、各セッションの優れた発表の推薦を募集中です。
締切: 2017年6月30日
詳細 >>

2017/05/18

PEPS編集委員として、新たに次の方々をお迎えしました。

Shinji TAKEUCHI

Yuei-An Liou

詳細 >>

2017/05/10

PEPS Most Cited Paper Award 2017および PEPS Most Accessed Paper Award 2017の受賞論文を発表しました。
詳細 >>

2017/04/04

利根川貴志博士(JAMSTEC)他 のPEPS論文が、2016年度日本地震学会論文賞 を受賞しました。

2017/03/27

現在募集中のSPEPSへのご投稿期限を2017年6月30日に延長しました。
募集テーマ: Asian monsoon hydroclimate
このテーマに関する論文のご投稿をお待ちしています。
詳細 >>

2017/03/24

PEPS編集委員として、新たに次の方々をお迎えしました。

Yuichi S. HAYAKAWA

Takeshi KAKEGAWA

詳細 >>

2017/02/24

PEPS編集委員として、新たに次の方々をお迎えしました。

Chung-Hsiung SUI

Hiroaki MIURA

Frances COOPER

Chen JI

Yuji YAGI

詳細 >>

2017/01/24

SPEPSの新規募集を2月1日から開始します。
募集テーマ: Ionospheric plasma bubble seeding and development
このテーマに関する論文のご投稿をお待ちしています。
投稿期限: 2017年6月30日
詳細 >>

2017/01/24

現在募集中のSPEPSへのご投稿期限を2017年3月31日に延長しました。
募集テーマ: Asian monsoon hydroclimate
このテーマに関する論文のご投稿をお待ちしています。
詳細 >>

2016/11/25

SPEPSの新規募集を開始します。
募集テーマ: Evolution and variability of Asian Monsoon and its linkage with Cenozoic global cooling
このテーマに関する論文のご投稿をお待ちしています。
詳細 >>

2016/11/24(終了)

現在募集中のSPEPSへのご投稿期限を2017年1月31日に延長しました。
募集テーマ: High-definition topographic and geophysical data in geosciences
このテーマに関する論文のご投稿をお待ちしています。
詳細 >>

2016/11/18

新しい論文タイプとして、Data paper の受付けを開始しました。
詳細 >>

2016/09/06(終了)

2017年連合大会 旅費支援付きPEPS特別セッション募集開始
詳細 >>

2016/07/21

SPEPSの新規募集が始まります。
募集テーマ: Asian monsoon hydroclimate
このテーマに関する論文のご投稿をお待ちしています。
詳細 >>

2016/05/31

PEPS Most Accessed Paper Award 2016の受賞者を発表しました。
詳細 >>

2016/03/26(終了)

SPEPSの新規募集を開始します。
募集テーマ: High-definition topographic and geophysical data in geosciences
このテーマに関する論文ご投稿の受付が、5月1日に始まります。
ご投稿をお待ちしています。
詳細 >>

2016/03/24

西村卓也博士(京都大学 防災研究所 地震予知研究センター)のPEPS論文が、2015年度日本地震学会論文賞を受賞しました。

2016/02/26

SpringerOpenジャーナルページへのアクセス障害が復旧しました。
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

2016/02/09

現在、従来のSpringerOpenジャーナルページへのアクセス障害が発生しております。新ジャーナルサイトベータ版をご利用ください。ご迷惑をおかけして申し訳ありません

2015/12/03(終了)

現在募集中のSPEPSへのご投稿期限を12月31日に延長しました。
募集テーマ: High-Pressure Earth and Planetary Science in the last and next decade
このテーマに関する論文のご投稿をお待ちしています。
詳細 >>

2015/09/10(終了)

2016連合大会
PEPS特別国際セッション募集開始

2015/06/01(終了)

SPEPSの新規募集が始まりました。
募集テーマ: High-Pressure Earth and Planetary Science in the last and next decade
このテーマに関する論文のご投稿をお待ちしています。
詳細 >>

2015/05/18

PEPS Editors' Blogを開設しました。PEPSの編集長、編集委員による最新科学論文ジャーナル編集に関する記事を掲載しています。

2015/04/02

PEPS公式FacebookTwitterページの運用を開始しました。

2014/12/25

PEPSでは今年4月22日の創刊以降、25編の論文を出版しました。

2014/09/11(終了)

2015年連合大会PEPS関連特別国際セッション募集

2014/08/28

新しい電子投稿・査読システムへ移行
詳細 >>

2014/07/29(終了)

The 3rd PEPS editorial meeting 開催

2014/07/10

サイトリニューアルに合わせて、日本語ハイライトページ新設

2014/04/23(終了)

『日本地球惑星科学連合2014年大会』(4月28日(月)~5月2日(金))においてジャーナル特別国際セッション開催
セッション一覧

2014/04/22

"Progress in Earth and PlanetaryScience"創刊

2014/01/25

The 1st PEPS editorial meeting 開催

2013/10/28

AM10:00 JST 投稿受付開始!

2013/09/17

プレサイトオープン

2013/09/01(終了)

【2014年大会開催国際セッション対象】ジャーナル“Progress in Earth and Planetary Science”関連特別国際セッション推進の募集

2013/09/01(終了)

【平成25年度開催国際シンポジウム対象】第2回ジャーナル関連特別セッション推進の募集

2013/08/21(終了)

【平成25年度開催国際シンポジウム対象】第1回ジャーナル関連特別セッション推進の募集

PEPS出版論文を引用する際の
ジャーナル名略称:

Prog Earth Planet Sci

My JpGU

※Progress in Earth and Planetary Science は,公益社団法人日本地球惑星科学連合(JpGU)が運営する英文電子ジャーナルで,JpGUに参加する50学協会と協力して出版しています.

※Progress in Earth and Planetary Science は,独立行政法人日本学術振興会(JSPS)より科学研究費助成事業(科学研究費補助金: 254001)のサポートを受けています.

>>日本地球惑星科学連合

>>参加50学協会へのリンク

  • Progress in Earth and Planetary Science
  • Progress in Earth and Planetary Science
  • Progress in Earth and Planetary Science
  • Progress in Earth and Planetary Science
  • Progress in Earth and Planetary Science
Progress in Earth and Planetary Science

PEPS COVER

Progress in Earth and Planetary Science (PEPS)とは?

  • 日本地球惑星科学連合(JpGU)が運営し,参加50学協会と協力して発行する査読付きオープンアクセスジャーナルで,読者は無料で自由に閲覧できます.
  • 地球惑星科学の全分野,および分野を超えたテーマに関する論文を扱います.

Featured Articles

Prev
Next

Latest Articles

Progress in Earth and Planetary Science (PEPS)とは?

close

SPEPSSubmit your manuscript

SPecial call for Excellent Papers on hot topicS

8. Subduction-zone megathrust earthquakes: New perspectives from insitu data & laboratory analyses

Schedule

Submission start: July 01, 2017

Submission deadline: December 31, 2017

Submit

detail

Proponent:

Masataka Kinoshita (The University of Tokyo)

Associate Editors:

Masataka Kinoshita (The University of Tokyo)

Harold Tobin (University of Wisconsin-Madison)

Gaku Kimura (Tokyo University of Marine Science & Technology)

Mike Underwood (New Mexico Tech)

In the last decade or two, an enormous amount of new findings has been gained about activities and characteristics of seismogenic zones. They include a variety of phenomena along subduction zone megathrusts, ranging from creep to earthquakes including slow earthquakes surrounding the locked zone, high-velocity slip and low frictional strength.

In this SPEPS article collection, we invite authors to contribute innovative research or reviews on subduction zone megathrusts, both in presently active ones and onland outcrops. The approaches may include, but are not limited to, results from a wide range of disciplines including observational geodesy and seismology, geological and geophysical studies of present and ancient subduction zones, borehole logging and monitoring, laboratory experiments, and theoretical and numerical modeling.