※Progress in Earth and Planetary Science は,公益社団法人日本地球惑星科学連合(JpGU)が運営する英文電子ジャーナルで,JpGUに参加する50学協会と協力して出版しています.

※Progress in Earth and Planetary Science は,独立行政法人日本学術振興会(JSPS)より科学研究費助成事業(科学研究費補助金: 254001)のサポートを受けています.

>>日本地球惑星科学連合

>>参加50学協会へのリンク

  • Progress in Earth and Planetary Science
  • Progress in Earth and Planetary Science
  • Progress in Earth and Planetary Science
  • Progress in Earth and Planetary Science
  • Progress in Earth and Planetary Science
Progress in Earth and Planetary Science

日本語Abstract

Research

Atmospheric and hydrospheric sciences

中国における旱魃・洪水に伴う地域的水蒸気収支

Qiu S, Zhou W, Leung M YT, Li X

Regional moisture budget associated with drought/flood events over China

Qiu S, Zhou W, Leung M YT, Li X

Water vapor budget, Drought and flood events, ENSO, Standardized Precipitation Index

中国の6つの地域における夏季の水蒸気収支の気候学(1961–2000年)

本論文では,中国の6つの地域における1961から2011年の水蒸気収支と,旱魃・洪水発生の長期変動を解析した.水蒸気は冬季には主に東西方向に運ばれ,夏季には南北方向の輸送が卓越する.解析期間において,冬季には西端からの流入,東端からの流出が共に若干弱くなる傾向にあり,中国東部の各地域内における水蒸気総量は,長期的にはあまり変わっていなかった.他方夏季では,南方からの水蒸気流入の減少が,北方への水蒸気流出の減少に比べてやや少なく,各地域内での水蒸気収束量が増加し,近年は,洪水がより起こりやすい傾向にあることがわかった.またエル・ニーニョの最盛期にあたる冬とその後の衰退期の夏には,旱魃リスクは小さく,洪水リスクが大きくなる傾向がみられた.ラ・ニーニャ時には逆の傾向になるものの,影響の程度は小さくなる.

日本語原稿執筆者:松本 淳(首都大学東京 都市環境科学研究科 地理環境科学域)
(敬称略)